修復治療

修復治療について

”詰め物やかぶせによる虫歯治療を行えば、二度と虫歯にならない”と思っておられるかもしれませんが、そうではありません。というのは、虫歯治療を行うと本来の歯にはない”継ぎ目”ができ、プラークが溜まりやすくなるからです。よって虫歯の再発を防ぐためには、継ぎ目に段差の少ない適合精度の高い修復治療を行うことが必要です(図A)。

適合の悪い修復物と適合の良い修復物

ただし、歯ぐきの下まで虫歯が深く進むと、虫歯を取りきることが難しくなり、精度の高い修復治療が不可能になります。この様な場合、手術を行うことで、虫歯の完全な除去と精度の高い修復治療を行うことが可能となり、歯を長持ちさせることができます(図B)。

修復治療

修復治療

WEBからのお問い合わせはこちら