インプラント治療

安心安全な治療法

静脈内鎮静法

外科処置が不安な方には麻酔専門医による静脈内鎮静法により、専用の薬剤を用いることでリラックスした状態の中、手術を受けて頂くことが可能です。
術中は専門医が患者さんの状態を管理し、万全の体制を整えて行います。
静脈内鎮静法を行いますと、手術中の意識はありますが、まるで寝ているような状態になり、痛みを感じる事や手術中の記憶はほとんどなく、実際に受けられた方からは「気がついたら手術が終わっていた」とのご感想をいただいております。
使用する薬剤は身体に対し有害な作用はなく、極めて安全なものを選んで使わせていただいております。全身麻酔とも異なりますので、鎮静状態からの回復も早く、その日のうちにお帰りいただくことができます。

静脈内鎮静法


CTの導入

当院では、高性能CT X線装置の導入により高品質画像を提供、的確な治療が行えます。

CTの導入

先進のテクノロジーによりX線照射線量(一般CTの約1/5以下)が少なく患者さんにやさしい。


高精細な3次元画像で観察が可能

一般CTとは異なり、患者さんは横にならずに立ったままで撮影します。撮影時間は約9.4秒で、非常に楽に撮影を受けられます。
一回の撮影で構築される3次元画像領域から、任意の方向の高精細な3方向断面画像が得られますので、より精度の高い観察ができます。


インプラント

WEBからのお問い合わせはこちら