歯周病治療

インプラントについて

歯を失うと噛めない、話しにくい、見た目が悪いなどの問題が起こります。
また、失った状態を放置することで歯並びが悪くなったり、残っている歯の負担が大きくなるなど口腔内全体に悪影響を及ぼします。そうならないためには失った歯を補うことが必要ですが、その方法には次の3つの治療法が挙げられます。

入れ歯

歯肉の再生
歯肉の再生

隣の歯を削らなくても失った歯を補うことができますが、違和感が大きく話しにくい、見た目が悪い、痛くて噛みにくいなどの欠点があります。

ブリッジ

ブリッジ

違和感が少なく、しっかりと噛むことができます。しかし、隣の歯を削る必要があり、力の負担も大きくなるため周囲の歯への影響は大きくなります。

インプラント

インプラント
インプラント

隣りの歯を削らなくても、痛みや違和感のない自然な噛み心地や美しさを取り戻すことが
できます。



以前は骨のあるところにしかインプラント治療ができませんでしたが、現在では、骨を再生する技術が発達し、骨の少ないところにも骨を作ってインプラント治療を行うことができるようになりました。さらに骨の再生治療を応用することにより固定して噛めるだけではなく、自然な美しさを再現できるインプラント治療が可能になりました。

インプラント

WEBからのお問い合わせはこちら